FC2ブログ

☆ ご挨拶

漸くの初めまして・その2 “開設に至った訳と、その後暫く放置だった理由(言い訳)”

 ←漸くの初めまして・その1 →一護生誕祭・短編小説…『束の間、その瞳に贅沢な微睡を 【四】』
ここを開設してからなんと1年が経とうとして、何とか漸くの初めましても終わり、
今更このサイト開設に至った訳と、その後暫くの間放置だった事の理由を。

と言っても、最早言い訳。

いや、きっと…市/丸クラスタさまなら『判るわかる!』と思っていただけると…
              
            (注・以下、長いです。宜しければ聞いてやってください)



考えてみれば、J 本誌に関しては もう何年も前に、私の中では思考停止。
数年前の『鰤・BLEACH』破面・滅亡篇での動揺と拗らせ方から立ち直れず、
・・・何度泣いたか。
悔しかった。そう、とても悔しかったのです。

思うたびに涙して、単行本や、本家別巻小説本を壁に投げつけたり―――

と、お恥ずかしいのですが、止めを刺されたのが本家別巻小説からという情けなさ。
情け容赦ない結末と、何とも言えない悔しさで一杯になりました。
市丸クラスタの私としましては、本家頭領から袈裟懸けで斬られ、双極の丘から突き落とされたかのような、無様な気分を味わいました。

結果、かなり重症化したのです。

それでも漸く、萌え再びと試行錯誤。 しかしながらマイナーなCP、本誌でも既に…。
気が付けば月日も経ち、最早鰤から離れ始める予感も。
そして復活の噂にも上らない市丸さん。
2年ほど前、他ジャンル『進/〇/の/巨/〇』に脚を踏み入れた頃、あらためてサイト巡りをした結果・・・再びの悲しさが襲って来てしまいました。

そう、2度目の止めは、大好きなサイト様の数が激減し、更新も少なくなったり放置が増えていた事でしょうか。
…結果、萌え供給も不足し力が湧かない
―――
「こんなんじゃ、駄目だ。・・・こうなったら、自分で何かを作るしかない??」
―――
これがやっと掴んだ答えでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ですが、事はそんなに単純ではなかったのです。
一念発起したものの、ブログの経験は無くHTMLの意味すらも解らず、揚句サイトを作る方法すら知らない等で どうしていいか解らず再び拗らせ、折角高まった想いは放置。
コミックスは、ずっと購入はしているものの読む気力もない、今は『進/〇』じゃ!お絵描きじゃ!で、『鰤』新巻発売日すら知らなかった!でも買ったぞ!でも読まないぞ!読めないぞ!でも『進/〇』絵は描けるぞ!
という、かたっぽでは 『進/〇』イケイケいえーい、かたっぽでは、はあぁぁぁ~もうダメという奇妙なテンション状況に発展。

こうして・・・
拗らせ初めた時から4年以上という年月の中で上記のような状況に陥り、『病』となり、今に至ってしまいました。

それでも今日までの1年は予定も詰まっていて、逆に『まあ良いやー』と軽く考えられるようになり方向転換。
新ジャンルの『進/〇』では、既にお絵描き仲間も出来、偶についったーや支部に投稿しています。
(支部は、HTMLの知識がなくても自分のコーナーを創るのが簡単なのです)

が、
・・・・・・やっぱり鰤は忘れられない。大好きな市丸さんだもの
                       此処でなら…生きててもいいよね・・・・・・



「多忙でも、折角好きになった『鰤・B/L/E/A/C/H』を文字や絵として形にしたい」
と、思えるようになり、 サイトの作り方をネットで習いながら、今回この二次サイト開設が出来たという事で 浮上の切欠を掴みました。
長期療養ですみません。それだけ、心はボロボロだったようです。

しかし・・・
一旦構築したものの、自身に降りかかる予定が山のようで、中々進めませんでした。
結果、暫くの間放置という無様さに、自分でも泣きました。
が、何とか私事を熟す事にも慣れ、今ここに至ったという訳です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・
   ・
   ・
“ここでは、市丸さんや一護さん
          そして護廷みんなの儚い『夢』で一杯にしよう…” と

   ・
   ・
   ・                  
         ―――ここは小さな世界―――

想像の、お伽噺の世界です。

お噺を繋げるためには、他キャラも絶対大事な存在。
なので、メインな2人だけのお噺だけでは、物語は創れないと思っています。
特に『鰤・B/L/E/A/C/H/ 』は、護廷の他キャラも(特に副官)みんなが個性的で大好き。


ですから、お噺を広げるためには絶対必要な存在達で…。
この妄想お噺世界では、絶対2人には係ってくる存在達のお噺も大事で…。

そんなお噺の欠片も、この『小さな世界』に詰め込みたいと思っています。


今まで温めていて、少しばかりは形になっているお噺や、
新たな想像のお噺、そしてまだまだ初心者ですがイラスト等を
少しずつ形にして載せていこうと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


未熟ながらも一所懸命愛を込めた物語や、始めたばかりのお絵描きは総て腐向け。
フィクションであり、J本誌様、原作者様等に一切関わりは御座いません。
同じ趣味を共有する同志さま故に、あるとは思いませんが 、当サイト創作物の無断転載・盗作・模倣・誹謗中傷行為等は、大変申し訳ありませんが、私、小心者ゆえ心が折れます。
なので 如何なる理由があっての事でも、どうぞどうぞお止め下さい。

ただ、同志さまからの楽しい感想だったら速攻で反応しちゃいますし、萌えを語り合える、お仲間ができたらいいなあーとも思ってます。

過去から、先輩サイトさま達がされていたリクエスト企画。
リクするのも楽しくて、それに応える先輩サイト様は神だと思っていました。
これに関しては、これから時間が有ればやってみたいと思っています。
(リク受けは未経験なので怖いですが)

まだまだ模索中なところもあり、時系列も前後したり、然も拙いものばかり。
こんな まったりな私でも、何とか幸せな2人が見たいので時間がかかっても頑張ります。

こんな私が作った のろのろ駄文サイトですが、
「よし、解った。付き合おう。」という太っ腹な方々、
宜しければ、どうぞこれからお付き合いをお願い致します。

長々失礼いたしました。
 

                             …蒼穹貴(ソラキ)…
関連記事
スポンサーサイト




もくじ  3kaku_s_L.png ☆ ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png ☆ 戯言SS
総もくじ  3kaku_s_L.png ☽ BL・二次創作長編
もくじ  3kaku_s_L.png ☽ イラスト
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【漸くの初めまして・その1】へ  【一護生誕祭・短編小説…『束の間、その瞳に贅沢な微睡を 【四】』 】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【漸くの初めまして・その1】へ
  • 【一護生誕祭・短編小説…『束の間、その瞳に贅沢な微睡を 【四】』 】へ