FC2ブログ

☆ 戯言SS

名前は護廷に捧げ…その弐

 ←2015黒崎一護生誕祭小説 …『束の間、その瞳に贅沢な微睡を 』 →別宅造りましたん (リンク)
蝕む
・・・・・・
十五夜から
十六夜、立待月、居待月、寝待月、更待月、宵月、二十三夜、有明月
三十六夜、有明月、暁月、晦日月、朔、既朔、三日月、夕月、弓張月
宵月、九夜月、十日月、宵月、十三夜、小望月、へ

この現世の天の月は変わってゆく…


あの空の向こうの瀞霊廷では
既朔から夕月の間に
あの画のように独特で、
欠けた頂点同士が惹かれあうようにも
触れ合っているようにも見える筈だ。

きっと…
あの『死神』のように
そう見える…


そうなって欲しいと思い続けていた

あの月形の変化の過程(蝕まれてゆく)と
その月の力に包まれた空間に由って
徐々に二人が魅かれてゆく
変わり様の意

―――

ヒカレタワケ
・・・・・・
市丸さんが一護さんに
一護さんが市丸さんに
みんなが二人のそれに魅かれた訳も含め
二人が、
気持ちを表現することすら、苦手な二人が
漸く、
恥ずかしげに、
故に断片的で、片言で、
たどたどしくも伝え合い始める。

そんな場面が容易く想像できて、
敢えてその姿を、
『ヒカレタワケ』
と、片仮名で表現した。

ゆっくり、
そして大人的場面は少ない

しかも日常からの噺ばかりかもしれなく、
でも、どうしても、今だからこそ、
その魅かれあう過程を語りたい、



(ゆっくりですが、
それでも宜しければ、どうぞお付き合いください。)


関連記事
スポンサーサイト




もくじ  3kaku_s_L.png ☆ ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png ☆ 戯言SS
総もくじ  3kaku_s_L.png ☽ BL・二次創作長編
もくじ  3kaku_s_L.png ☽ イラスト
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【2015黒崎一護生誕祭小説 …『束の間、その瞳に贅沢な微睡を 』】へ  【別宅造りましたん (リンク)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【2015黒崎一護生誕祭小説 …『束の間、その瞳に贅沢な微睡を 』】へ
  • 【別宅造りましたん (リンク)】へ