FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2015 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 08

【  2015年07月  】 

2015黒崎一護生誕祭小説 …『束の間、その瞳に贅沢な微睡を 』

2015生誕小説 『束の間、その瞳に贅沢な微睡を』

2015.07.15 (Wed)

 黒崎一護君に捧げます。お誕生日おめでとう!短編SS…『束の間、その瞳に贅沢な微睡を』         仮題「殲滅上等な男たち・・・報酬は愛憎なのか――――」より    (2015/09/27に、当初、子記事4つに分けた物から子記事1つへ纏めました。)【一】現世の空と背中合わせのその存在。それは『異』なる空間。この空気の歪さに合わせるかのようにその色は、死者と生者の均衡を司る広大な瀞霊廷の力に因って溶かされ、現世の色と...全文を読む

PageTop▲

一護生誕祭・短編小説…『束の間、その瞳に贅沢な微睡を 【二】 』

『2015生誕小説 『束の間、その瞳に贅沢な微睡を 【二】』

2015.07.15 (Wed)

 【二】午後の執務時間も既に始まり、辺りは雑音の無い空間に変わった。天気もいい。その…とある一角此処は、午睡を決め込んだ者にはうってつけの陽だまりに変化する。特に奥まった、秘密めいた…そう、誰も干渉してこないこの域の更なる特等席。其処には、今日もさぼり上等の男達が陣取った。...全文を読む

PageTop▲

一護生誕祭・短編小説…『束の間、その瞳に贅沢な微睡を 【三】 』

『2015生誕小説 『束の間、その瞳に贅沢な微睡を 【三】』

2015.07.15 (Wed)

 【三】最近の隊首会でも、自身への評価は確かに酷かった。つらつら思い出すと、あの時の自身の境遇にも腹が立つ。その少年への対応や少年からの態度等、様々な方面から無様さを指摘された。その揚句、自分に対してだけの横柄さの暴露や、仕舞い込んでいた筈のその湧き上がる苛つく感覚を隠してきた事実さえ、ばれてしまった。そんな無様さは、隊長連中という同格の並びでは他には居ないと指摘されるという恥ずかしさ。言い訳をして...全文を読む

PageTop▲

一護生誕祭・短編小説…『束の間、その瞳に贅沢な微睡を 【四】』

『2015生誕小説『束の間、その瞳に贅沢な微睡を 【四】』

2015.07.15 (Wed)

 【四】                     しかし、それは一瞬で変わる。空気の色が変わるといった方が正解か。異質な何かが、二人の間に風のように黒い影が横切った。...全文を読む

PageTop▲

前月     2015年07月       翌月

Menu

プロフィール

蒼穹貴(ソラキ)

Author:蒼穹貴(ソラキ)
☆☆☆☽☽☆☆☆
いらっしゃいませ
ここはBLEACH
二次創作小説サイト
現世と尸魂界
…背中合わせの世界へ
ようこそ!
最果ての、この駄文世界
足をお運びいただき
有難うございます







最新記事

フリーエリア

バナー作りました。コピーしてどうぞ

護廷訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR